git log で自分自身を除外したいときには

git logは便利だけど、自分自身を除外するときには--perl-regexpを使用して正規表現を使う必要がある。

# 作成者の名前で除外したい場合

git log --perl-regexp --author='^((?!自分自身の名前).*)$'

# コミッターの名前で除外したい場合

git log --perl-regexp --committer='^((?!自分自身の名前).*)$'

# 面倒だからエイリアスを設定しておこう

毎回長いコマンドは面倒、使用頻度が高い人はエイリアスを設定しておくと良いです。

git config --global alias.log-E4M-author "log --perl-regexp --author='^((?!自分自身の名前).*)$'"
git config --global alias.log-E4M-committer "log --perl-regexp --committer='^((?!自分自身の名前).*)$'"

git log-E4M-author # 作成者の名前で除外
git log-E4M-committer # コミッターの名前で除外

# オプションも追加できる
git log-E4M-author -1 --diff-filter=MA
git log-E4M-committer -1 --diff-filter=MA